たけのこ掘り

2002年4月7日・千葉県市原市徳氏にて

garaponの大好きな筍の季節到来!!
garaponは食べるのも大好きだけど、それ以上に掘るのが好き!!
今から15年以上前・・・初めてのバスの日帰りツアーの「筍狩り」に参加しました。
ひとり1本のお土産つき。
garapon、楽しくて楽しくて掘りまくりました…
1本のお土産以外は買い取り。
petancoは目がまん丸になりました…
だって…
3万ん千円・・・たけのこ園のおじさん、気の毒がって3万円におまけしてくれました。
以来、ほぼ毎年千葉県大多喜にたけのこ掘りにお出かけします。
車の中には長靴、小さなスコップ、軍手、タオル、大きなビニール袋など等。
今年はちょっと?道に迷いました…もうすぐかな?という所で道を尋ねることにしました。
直売所という文字に誘われここで聞くことにしました。
お茶を飲みながら楽しそうに団欒のご年配のおばさま達・・・
こんな時間からじゃ遅くなっちゃう…と心配してくれました。
そして、
おひとりのおばさまのお家の山で掘らせて下さることになりました。
竹篭を背負い長靴を履いて大きなスコップを持って先導してくださいました。
garaponは感激に顔はデレデレ…ニコニコ・ゥフフ…頑張って8本も掘らせていただきましたよ。
petancoは山の中に咲いていた花々を頂き感激!!
根もついたようで花が次々と咲いています。

人情の薄れた都会の生活ではあまり経験する事の無くなってしまった親切や優しさに、
心が温かく胸にジ〜ンと染み渡る貴重な体験と思い出になりました。
柔らかくとても美味しい筍でした。1週間毎日筍料理が食卓にのぼり、その度に楽しかった話にも花が咲いて
飽きる事の無い日々です。

千代子おばさん…本当にありがとうございました。

 

     
待ちに待った筍と感激のご対面!

    
千代子おばさんの先導で筍探し…ちょっと深くて大変かな…

       
しいたけも作っていました。美味しそうなしいたけを3つほど頂いてきました。
筍もしいたけも本当に美味しいっっ!!の一語に尽きました。

8本も掘ってgaraponは心地よい疲労感を覚えた様子…
大きな竹の背負い籠に詰めておばさんが背負ってくれました。
感謝!感謝!!
また、お会いしたいと心から思ったおばさま方でした。
                                                                壁紙:petanco作・禁無断転載