ってなぁに

♪「ァさて、ァさて、ァさてさてさてさて、さては南京玉すだれ。さても不思議な玉すだれ・・・」♪

楽しくて軽妙な口上に合わせて踊るように体を動かし、竹の棒のシャキ、シャキという音を響かせながら形を作る・・・陽気で少しもの悲しくて昔懐かしく、レトロの雰囲気のなかにもちょっぴり、新しさもあって不思議な魅力の芸です。

宝船、橋、釣り竿や鯛、神社や鳥居、観音様の後光、万国旗から枝垂れ柳など瞬時に形を変えてしまいます。

「南京玉すだれ」は、海苔巻きを作る時に使う「巻簾」に似た「玉すだれ」を使います。材質は「竹」。
56本の竹の棒を凧糸でつないだものです。江戸時代には、竹の棒も少なく36本だったようです。
また、関東地方では56本で長さが33pの物が多く使われているようですが、関西方面では44本で、長さも少し短く29pのものも使われているようです

この「南京玉すだれ」起源は定かではありませんが、江戸時代中期に諸国を行商して歩いた富山の薬売りが全国に広めたも、旅芸人が種々の商売の口上として広めたともと言われています。

「大道芸大全」や「日本庶民文化資料集成」などの資料によると、富山県周辺の「ささら」や福井県の「びんささら」という短冊状の木の板を何枚も紐でくくりつけて作った楽器が平安時代より伝えられているそうですが、それらが玉すだれの原型だといわれています。
富山県の五箇山で誕生した「こきりこ節」の踊りの中に、「編み竹踊り」というものがあり、そこでは竹の棒を糸で編んだ「編み竹」を使い、枝垂れ柳や橋の形を作って見せます。
どうやら、ここに、「南京玉すだれ」の源流があるといえそうですね。

はっきりした事は分かりませんが、純粋に日本で生まれた大衆芸能である事には間違いないでしょう

「南京玉すだれ」は、正式には「南京阿蘭陀無双玉簾(なんきんおらんだむそうたますだれ)」といいます。
江戸時代中期の日本は鎖国の時代でした。当時の日本と交流のあった国といえば、南京すなわち中国とオランダだけでした。この二つの国は日本から見ればとてつもなくすばらしい先進国だったに違いありません。
そんなすばらしい異国にもない「すばらしい芸」ですよ。という熱い思いが込められたことでしょう。
何時の頃からかは定かではありませんが今は、短く「南京玉すだれ」といわれるようになりました。
また、玉すだれの「玉」とは、小さくて可愛らしいという意味もあるそうで、一般の簾より小さくて可愛らしく見えるのでこんなユニークな名称がついたのでしょうね。

「南京玉すだれ」は、今はあまり見られなくなりましたが、バナナの叩き売り、がまの油売り、物産飴うり、瀬戸物売りや、映画「男はつらいよ」の寅さんの軽妙な口上で物を売るのと同じ大道芸の一つです。「大道芸」とは、芸人(角付人)が道端や角付け、広場などで芸を見せ、物を売ったり、投げ銭を貰ったりしています。

「南京玉すだれ」は、自分でいろいろと形を考え出す事ができ、とても楽しい芸だと思います。
明治時代になって、寄席でお座敷芸としても演じられるようになったようですが、大正時代には演じられなくなりました。今は、大道芸としてはもちろんですが、お座敷芸としても形を変えて親しまれているようです。今は、商店街や、遊園地などのイベントとして見かけることがありますが、なかなかプロの芸を見ることができなくなりました。

玉すだれは、基本的には個人芸ですが、私は主人と二人で演じるのを楽しみとしています。ですから、二人でなければできない形を考えています。そして、先人達が残してくれたすばらしい芸をこども達に観てもらいたい・・・、体験してもらいたい・・・できれば次の時代に受け継いでいって欲しいと思っています。こども達の輝く瞳に出会える楽しさを「南京玉すだれ」を演じるようになって知りました。
私達夫婦に新しい出会いのすばらしさを教えてくれた芸でもありました。