petancoのこと
ちょっとだけお話しましょうか…
2002.4.16

petancoは19●○年に東京でおぎゃ〜ぁ!と生まれました。
実は・・・おぎゃ〜ぁ!と元気良く産声は出なかったそうです。
でも・・・何とか元気に育ちましたが、10歳の時怪我が原因で骨髄炎と診断されました。
奇跡的に命を取り留め15年も病院に通いました。完治したのは25歳の時でした。
休学をしたり病院に通いながら学校に行きました。
学校と病院と家庭しか知らないで大人になりました。
夢は、保母さんになることでしたが、もちろん無理!
手先の不器用な私が先生の薦めで高校では建築の勉強をしました。
それがきっかけで製図の道を歩み続けることになってしまいました。
就職し配属されたところが技術部。アンテナ関連の図面を書きました。
それから、専門学校で機械製図やトレースの勉強をして再出発。
昨年まで、恩師の薦めもあり少しづつ関わってきました。
今は趣味が楽しくお仕事は辞めてしまいました。

petancoの趣味は、読書、油絵を描く事、手芸など体を動かさなくても出来ることばかり・・・
それが、どうしたことか
友人の薦めで始めたのが「南京玉すだれ」、大道芸です。
今も、あの子が・・・まさか!とビックリする方が大勢います。
主人と二人で出来る趣味に出会えてとても幸せです。

子供達に見て貰いたい!!
これが私達夫婦の夢と希望です。

 petancoの仕事と趣味

日本経済新聞(夕刊)
1985.5.20
読売家庭経済新聞
1986.11.27

東京新聞(朝刊)
1998.3.11

    趣味は沢山あるけれど…今、一番楽しい事
「南京玉簾」
足を気にしながら行動していた私にも出来る事を発見!!
感激!の連続でした。
それが、友人が作ってくれたきっかけでいろいろなイベントに参加。
何時の間にか意識せずにボランティアをさせて頂くようになりました。
敬老会や子供たちや地域のイベントなど等
日本語学校で留学生さんに観てもらったり…嬉しいこの頃です。

もうひとつの趣味
「お祭り」
賑やかな事が大好きなpetanco
父親譲りなのでしょうか。
父親は50歳の夏、お祭りが終わって心臓麻痺でなくなりました。
お酒を飲みながら、わっしょい!わっしょい!!と言いながら旅立ちました。
そんな血を受け継いだ娘です。
でも、私の足ではちょっと無理。
お祭りには全く興味の無い旦那様のgarapon
お祭り大好き!!お神輿命?にしてしまいました。
今は、旦那様の追っかけpetancoしています。
そして、気が向けば体調と相談しながら少しだけ担ぎます。

それから・・・
「南京玉すだれ」を覚えてイベントに参加してから
知り合ったmakoさんにパソコンの事沢山教えていただきました。
そして、今…
makoさんはじめ、ひろおばさんやjonのパパなど
沢山の友人に応援していただきながらホームページつくりが楽しく?なってきました。

インターネットを通じて沢山のお友達も出来ました。