王子神社祭礼
2005年8月6日〜7日 快晴



王子神社は東京・北区王子にあります。
JR王子駅から直ぐの所の小高い丘の上に王子神社はあります。
東京都指定天然記念物の大きなイチョウの木が聳え立っています。
幹周6.5m、樹高約20mもあります。
道路を隔てて江戸時代からのさくらの名所飛鳥山があります。
歴史と文学の香り漂う古い町です。


petancoは王子神社の直ぐ近くで生まれ育ちました。
小さい時から、王子神社は「権現さん」と呼び境内でよく遊びました。

元亨二年(1322年)に領主の豊島氏が熊野より当社を勧請しました。
これより王子の地名が生まれました。
歴代領主・将軍の崇敬厚く社殿の造営や飛鳥山の寄進などもありました。
明治元年に東京を守護する東京十社として「准勅祭社」となりました。
東京の北方守護として位置しています。

御神徳は開運厄除・子育大願
七五三の頃になるとお参りの親子の姿が多く見られます。

御祭神は、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
伊邪那美命(いざなみのみこと)
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
速玉之男命(はやたまのおのみこと)
事解之男命(ことさかのおのみこと)
です。
この五神を総称して「王子大神」と呼ぶそうです。

王子神社の
八月の例祭には北区無形文化財の王子神社田楽舞が奉納されます。
8月の例大祭は特に「槍祭り」といいます。
王子神社には「御槍」という槍の形をした古伝のお守りがあります。
この「御槍」が授かるとその年は「満願成就」だそうです。
因みに例大祭は8月の上旬の日曜日です。

2007 * 2006 * 2005 * 2004 * 2003 * 2002
アルバム入口 入口
入口 入口 入口 入口
2007.8.18更新