穏田神社例大祭・神幸祭

2007年9月8日〜9日

                           
御祭神
淤母陀琉神(おもだるみのかみ)
阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)
櫛御食野神(くしみけぬのかみ)
御由緒
穏田神社は旧穏田一円の産土神です。
天正19年伊賀衆が穏田の地を家康より賜り給地となりました。
江戸時代は第六天社と称し明治維新の際に穏田神社と改称されました。
ご祭神は美容、技芸上達、縁結びの神として尊崇されているそうです。
* * *
JR山手線原宿駅や渋谷駅から歩いて10分ほどのところ、渋谷区神宮5丁目。
歴史的にも由緒あるところです。
詳細は「穏田町会のホームページ」をみてくださいね。

インターネットがご縁で、大好きなお神輿を担がせて頂くようになり今年で5年目。
ご由緒ある穏田神社境内の祭礼「夜の余興」に趣味の「南京玉すだれ」をさせて頂いた事もありました。
そして、この町にお住まいの作家、筒井康隆先生ご夫妻にもお目にかかることも出来ました。
先生とはお話をしてご一緒に記念のお写真を撮らせていただいた事も楽しい思い出です。

昨年にも増して表参道の人の多いこと!
表参道ヒルズやブランドショップが並ぶ町並みに変貌している影響でしょうか?

表参道から横丁を入ってくるとあの人ごみと喧騒が嘘のような静かな町並みがあります。
のんびりと楽しく担ぐお神輿はのどかで心が安らぐお祭りでgaraponの大好きなところです。

今年は、本社神輿の渡御がありました。
修復してから2回目の渡御でした。
garaponは、今年もこのお神輿を担ぐことができて感激の極み!
幸せな充実した二日間を過ごすことができました。

今年も、単身赴任中のMakoさんが名古屋から帰省出来ず…
もしかしたら、今年中に東京に帰ってこられるかも?来年こそは一緒にね。
でも、お祭りのお仲間が数人ご一緒できてgarapon大満足!
早くも、来年が楽しみのgaraponです。



アルバム入口
* 2007 * 2006 * 2005 * 2004 * 2003 *